正座するブログ

いたるところで正座をしたがる玩具開発職の人のブログ

「SUNRISE日本/HORIZON」の回





どーも、 @ です✋🏻✋🏻✋🏻





男あらしっくの愚私めが、『ベイストーム』(BayFM)放送終了直後に嵐の曲をひたすら紹介していきます。

「両A面シングル」って知ってる?

今の若い人は知らないと思うけれど(愚私めも31歳ですが当時は知らなかった)、その昔レコードにはA面とB面があったそうだ。
A面がメインの曲で、B面が今で言うカップリング曲のこと。
「SUNRISE日本/HORIZON」は、両A面シングルとして発売されたのだ。


SUNRISE日本

2000年4月5日発売。
「プロ野球ニュース2000」(フジテレビ)のテーマソング。

大野さんの

静かな風が通りすぎた
大地をあたたかな香りが包む

という涼しい歌声から始まる。

と思った瞬間に、曲がリズミカルになりサビに。


サクラップも当時から健在で(ただ、まだ自分では書いていない)

いろんな物ただ作られて
心もなく捨てられてく街
いつか今を振り返る自分がここにいたと思い出して
魂で生きてたと言えるように言えるように
君を友を愛を抱きしめてやる

「言えるように」を2回言う感じに違和感をおぼえていたのを思い出した笑。


HORIZON

「第31回春の高校バレー」のイメージソング。
タイトルが英語の教科書みたいだなぁと思ったのを憶えている。
個人的には、春高バレーの曲といえば「はなさない!」のイメージだなぁ。

当時、

街を歩けばよく聞く会話
豊かな国がピンチみたいだ
目に見えないから実感ない
これは やっかいだ
誰も本気じゃ気にしてないな

という歌詞で、愚私めは大人ってそんなもんなのかなって思ったけれど、今もそんなに変わんない。
むしろ、目に見えて実感もあるのに豊かな国だと言い張って、気にしてない感が今は強い。
ジャニソンは、当たり障りないけれど、並べて見ると時代がよく分かる貴重な資料だと思う。


両A面の割には「HORIZON」のPVは存在しない

「SUNRISE日本」のPVはアメリカのドライブインのようなセットで撮影している。
爽やかな少年たちが徹夜でドライブして、その明け方みたいな感じ。やたら明るい。そして、みんなの寝顔がヤバイかわいい。

一方で、「HORIZON」はPVがない。本当に両A面なんだろうか。。。


初回限定盤に「フライングディスク」が封入

最初フライングディスクって聞いて何か分からなかったんだけれど、要するにフリスビー。ちなみに、フリスビーはWham-O社の登録商標。
大きさは、12cmCDのパッケージなので、通常のフライングディスク(20-25cm)よりは一回り小さい。
CDにはオレンジ色のフライングディスクが封入されているが、「SUNRISE日本」のポスターでは、イエロー、ライトグリーン、ブルーのものが確認できる。ただ、下からのアングルで表面のロゴは未確認。
存在したらライトグリーンが欲しい。
こういう凝ったパッケージって、CD販売が主な時代だから成立したんだよなぁ。。。


嵐の若さあふれる楽曲

2曲とも嵐の初々しさが出ていて、みんなカワイイです。

に2曲とも収録されているので、

今の嵐しか知らないよ!という方は、是非聴いてみてください。


ブラックフレームマン
twitter:@
instagram:@blackframeman
tumblr: http://blackframeman.tumblr.com/