正座するブログ

いたるところで正座をしたがる玩具開発職の人のブログ

「台風ジェネレーション/明日に向かって吠えろ」の回





どーも、 @ です✋🏻✋🏻✋🏻




毎週日曜日は、男あらしっくの愚私めが、『ベイストーム』(BayFM)放送終了直後に嵐の曲をひたすら紹介していきます。

嵐の3枚目のシングル

2000年7月12日にポニーキャニオンから発売された嵐の3枚目のマキシシングル。タイアップは、「台風ジェネレーション」がフジテレビの『お台場どっと混む!』というイベントのイメージソング、ブルボン『プチ』のCMソング。「明日に向かって吠えろ」は、『シドニーオリンピック男子バレーボール最終予選』のテーマソングでした。
初回限定盤は5人が並んで走り抜けるスピード感のあるジャケットで、通常盤は5人が同じ衣装で歩いているもので、初回限定盤にはビデオコンサートの参加券が封入されていました。あと購入特典としてクリアの横長のポスターが付いました。CDショップで受け取るとき、チョット恥ずかしかった笑


当時、男子中学生の間ではバカにされた歌い出し

「台風ジェネレーション」は、

(二宮)
じゃあ行ってくるから
あっ、さよならじゃないよね
また会えるから

という台詞で始まり、翔さんのyo!yo!yo!というラップへ続く感じを同級生にからかわれました。結構、中学生の愚私めは凹みました。その反面、台詞を同級生の男子が覚えてること自体は、嬉しかったものです。


歌詞は中高生男子あるある

「明日に向かって吠えろ」の特徴は、中高生男子が共感できる歌詞。

例えば、

「かゆいトコないですか?」 耳の後ろ気になるのに「はい。」とまた答えた
恋は面倒だとか言ってる時が誰よりも実はしたかったりして

美容室あるある、恋愛あるある。
これだけ聞くと、女子でもいいぢゃんってなるんだけれど、

好きになれば
いつも付録付きのオトコがいて
NEXTバッターサークルで
素振りして力尽きんだ

ここで、この歌が男子目線だったことが分かるのです。まぁ、タイトルで男子っぽさは分かるんですが。

さらに、実は愚私め、中高生の時分、野球部でして、NEXTバッターサークルという単語が凄くハマったんですよね。ジャニソンとか女子向けの歌とか思ってたのに!

そして最も好きなのは、

本音 弱味 下ゴコロに忘れたいこと etc.
人は見せられない物
たくさん隠して生きてる

というフレーズ。

凄く人間的というか、中学生男子には、人に見せられないものとか沢山あったわけです。それこそジャニヲタという趣味こそ、17年前の男子中学生には人に言いづらいことだったわけです。愚私めは言ってましたけど笑


男子の疾走感と悩みが表現された1枚

「台風ジェネレーション」では中高生男子の人生をまっすぐに駆け抜ける感じ、「明日に向かって吠えろ」では、まっすぐに走りならも時折感じる漠然とした不安や悩みが上手く表現されていると思います。実際、当時中学生だった愚私めは同じような悩みを持っていましたし。それを嵐が歌っているというのが凄く心の支えになったんですよね。
テストで失敗したとか、運動神経悪いけど野球やんなきゃいけないとか、告白したら蹴りを入れられた時とかね。

中学生男子の気持ちがよく分かる曲。
みなさんも聴いてみたり、思い出してみてはいかがでしょうか?



ブラックフレームマン
twitter:@
instagram:@blackframeman
tumblr: http://blackframeman.tumblr.com/