正座するブログ

いたるところで正座をしたがる玩具開発職の人のブログ

「子どもたちの遊びを観察してみました。」の回

おじさんの凝り固まった脳をドロドロに溶かしておーくれ!






どーも、 @ です✋🏻✋🏻✋🏻




遊びの観察

お祭りの睦の関係で八王子の地区の運動会へ初参加。その打上げで、子どもたちが楽しそうに遊んでいたので観察してみた。対象は5歳の未就学児〜小学6年生までが5人程。場所はマンションの会議室。


ゾンビごっこ

部屋の外からドアをバンバン叩いている姿を見て、部屋の中の子どもたちが、キャーキャー騒いでいる。何が楽しいのか分からないので、何をしているのか尋ねたところ、「ゾンビごっこ」とのこと。
言われるまで気付かなかったのだが、ドアの型板ガラスに顔をくっつけて潰れているのがゾンビっぽいのだ!!

_人人人人人人人人人_
> こいつら天才! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

おそらく、どこかでゾンビが窓越しに押し寄せてくる映像やアニメーションを見たのだろう。それが彼らのイメージとなっているのだろう。


山車ごっこ

子どもたちが、1人がけの茶色いソファを2台向かい合わせて遊んでいたので、足を挟まないように気を付けてとだけ言って観察。
子どもたちは、愚私めに怒られると思ったのか咄嗟に山車を曳くときの掛け声を叫び出した。

_人人人人人人人人人_
> こいつら天才! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

そう、お祭りに関することをやっとけば怒らないとふんだのだ。

あたりー


視覚的なテクスチャと共有できる掛け声

今回の遊びの観察で、気になったのは型板ガラス。あの波打ったテクスチャが彼らには新鮮に映ったのかもしれない。家にあったとしても、中々反対側に人がいることがないだろうし。
ソファにおいても、あの安い皮の冷たい質感がちょうどよいのかもしれない。

さらに、毎年お祭りで一緒に叫んでいる掛け声というのは、年齢が異なる者同士でも共通要素となり、一気に一体感が増すのだろう。

これは、なんかアナログゲームの開発に活かせそう!!


それにしても、子どもはゾンビが好きだなー。よい傾向。




ブラックフレームマン
twitter:@
instagram:@blackframeman
tumblr: http://blackframeman.tumblr.com/
東京で玩具の商品開発をする会社員。ウォーキングデッドを途中までしか視てないのを思い出した。