正座するブログ

ADHDと診断された元おもちゃ企画開発者がいろんな場所で正座するのです。ほぼ記憶の記録用。

「浜ちゃんの黒塗りメイクを見て沖縄人が思うこと」の回


「ガキ使」浜田雅功の黒塗りメイク BBCやNYタイムズはどう報じた?(2018年01月06日14時17分JST)







どーも、 @ です✋🏻✋🏻✋🏻




輸出するコンテンツは肌の色に敏感

昨年の大晦日に放送された『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』(日本テレビ)の黒塗りメイク(ブラックフェイス)の演出が問題となっている。
私めは、もちろん『紅白歌合戦』と『ジャニーズカウントダウン』に夢中でリアルタイムで視聴してはいないが、『Hulu』で確認することができた。

この件に関して、私めは番組制作側に差別の意図がなかったとしても、差別的な演出であると思った。

人の肌の色に関して、日本人は慎重にならなければならない。

私めの玩具開発という仕事においてもそうだ。

例えば、ブロックの「はだいろ」の表記も現在は「ピーチ」に変わった。

さらには、ブロックに顔の印刷して人を模した表現があるのだが、輸出するにあたり、「ピーチ」が多すぎるのではないか、という指摘があった。

では、輸出を前提としない大晦日の日本向けのコンテンツが、そういったことを気にしなくてよいかというと、そんなことはない。


ステレオタイプを押し付けられるのが苦痛

入社してすぐに、会社の食堂へ行けなくった。

私めは沖縄出身なのであるが、「沖縄好き」の人が、「○○さぁ〜」のような沖縄訛りの真似をして話しかけてくるというのが、差別的だと思えて苦痛だったからだ。

そのことを会社の別の人に話すと、「好意をもって真似しているから良いではないか」や「訛りを恥じることはない」という声が返ってくることが多かった。

それは、本人はそうなのかもしれないが、受け手は「ステレオタイプを押し付けられている」のだから、苦痛なのである。ちなみに、私めは放送部でイントネーションを強制したので、訛りはほとんどない。

未だに、昼食を食堂でとることはできない。


ステレオタイプを利用した風刺

沖縄に『お笑い米軍基地』というコントがある。そのコントには、付け鼻をしたアメリカ軍人が出てくるのであるが、これも差別的な表現である。しかしながら、これは風刺を指摘しているための強調である。これと、今回の黒塗りエディー・マーフィーは同じレイヤーにあるのだろうか。


出オチ使っていたので差別的

差別にも色々種類があると思うのだが、今回の『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』に関しては、エディー・マーフィーに扮しているという体があったものの、オープニングの衣装姿を見せるくだりで、浜ちゃんだけ肌の色が違う、風貌が違うということで笑っているので、差別的な表現だと感じた。

日本人は、自分の意図とは関係なく差別的な表現だと感じる人がいることを認識する必要がある。



ブラックフレームマン
twitter:@
instagram:@blackframeman
tumblr: http://blackframeman.tumblr.com/
東京で玩具の商品開発をする会社員(寒いの苦手)