正座するブログ

ADHDと診断された元おもちゃ企画開発者がいろんな場所で正座するのです。ほぼ記憶の記録用。

「不具合が起きたら行動を書き出してみよう!」の回






どーも、 @ です✋🏻✋🏻✋🏻





よく忘れ物をする。

以前も富士そばにリュックを忘れたことがある。

子どもの頃から忘れ物が多いので、こういう場合、早急に問題を解決しなければなりません。そうしないと、リュックを100個くらい買うことになるので。

まず、自分がやる富士そばでの行動を順番に書き出します。

1. 自動ドアを開け店に入る
2. 発券機で任意の食べ物を選んでボタンを押す
3. 券を店員に渡して「うどん」と言う
4. 空いている席を探して座る
5. リュックをテーブル下にしまう
6. ポケモンGO用のサコッシュもテーブル下にしまう
7. 水をコップに注ぐ
8. 先に戻り呼ばれるまで待つ
9. 呼ばれたら受け取る
10. 商品が正しいか確認する
11. ひっくり返さないように席に戻る
12. 食べる
13. 席を立つ
14. ポケモンGO用のサコッシュを取る
15. リュックを取......

はい!そこです。

愚私めは、ポケモンGO用のサコッシュを取ったことに満足して、リュックを忘れたのです。

この「リュックを忘れる」という問題を解決するためには、サコッシュを取るという作業をしない必要があります。

解決方法としては、

A. サコッシュを身につけたまま

B. サコッシュをリュック入れて、テーブルの下にしまう

C. サコッシュをリュックにしまって、リュックを身につけたまま

D. サコッシュもリュックも身につけたまま

という選択肢があります。

一般的には、Bを選択するのでしょうが、愚私め的にはBをすることで、サコッシュの存在を忘れてしまうのです。

だから、愚私めはDを選ぶのです。

と言いたいところですが、さすがに1個のことを覚えるのは可能なので、リュックが机の下にあることだけを覚えておいて、Aのサコッシュを身につけたまま、うどんをすするのです。

そうやって、愚私めの奇妙な行動は、出来上がります。

世の中で奇妙な行動をする人がいると思うのですが、よくよく彼らを観察したり、調査すると、彼らの中では秩序立っていることが分かるのです。

行動を細かく分けることで、その理由が分かりやすくなるし、何か不具合が起きた場合の原因究明の糸口となり、問題解決がしやすくなるのです。

今の仕事で、会社がこういった業務に関する行動をフローにすることを面倒臭がり、付け焼き刃の対処で、問題解決を先送りにするということが多々あります。それで、私めは同じことを繰り返してしまうのです。だから、こういう手順にシンプルに変えて欲しいと訴えるのですが、中々理解されません。死活問題なのに。ただ、面倒臭がり屋がラクしようと思っているように映っているのでしょう。

やはり、ADHDの診断を受けて、会社に上手く説明する必要がありそうです。いよいよ、来週から先伸ばしにしていた診断が始まるので、心療内科へ通います。精神的にラクになるかもしれないけど、仕事的には好きなことできなくなるかもと思うと、ちょっと不安ですが、現状よりはマシになると思います。

その前に、ちょっと地元へ帰省です。親と話すこともあるし、もはや帰省ぢゃなくて療養です。

今年は、自分の中で大きく転換する年になりそうです。


ブラックフレームマン
twitter:@
instagram:@blackframeman
tumblr: http://blackframeman.tumblr.com/
東京で玩具の商品開発をする会社員(仕事量が増えすぎてパンク中)