ADHDが正座するブログ

ADHDの玩具を企画する人のブログ

「◯◯と煙は高いところが好き!京都タワーへ登った!!」の回




どーも、 @ です✋🏻✋🏻✋🏻




少しずつ小洒落ていく京都タワー

「何とかと煙は高いところが好き」と言うが、私めは観光地へ行くと、ランドマークタワーの展望台、山の展望台など、景色の良い場所へ行きたくなる。

京都へは、3、4回来ていると思うのだが、ほとんど京都タワーへ登っている。今回行ったら、タワー下の商業施設が「KYOTO TOWER SANDO」と小洒落た店舗になっていた。さらに、地下の銭湯も「京都タワー大浴場~YUU~」という名前になっていた。

シンプルな外観の京都タワーは、横浜のマリンタワーのような立ち位置を目指すのは、全然アリよりのアリ。


周りを照らすアレがモチーフ!?


京都タワーのカタチ、京都は寺が多いので、蝋燭がモチーフなのだと思い込んでいたら、違った。

京都の玄関口に佇み、住人、観光客を温かく迎える京都タワー。 白くほっそりとしたフォルムは海のない京都の街を照らす灯台をイメージ。 京都市街で一番高く、地上100メートルにある展望室からは 東山三十六峰に囲まれた古都京都の市街地が360度見渡せます。 時間、四季によって様変わりする京都の全てを感じる事ができます。

京都タワーについて,Kyoto Tower公式サイト

灯台だったのか。

京都なのに東大ってか


シンボルタワーは望遠鏡で楽しめ!!

個人的にシンボルタワーは、観光のまとめとして登るのが楽しいと思う。行ったところを再度、望遠鏡で確認して、記憶に焼き付けるのだ。そのときに行くとこができなかった場所も見ることができるし。

というのも、京都タワーは、なんと!

_人人人人人人人人人人_
> 望遠鏡が無料!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

これ何気に嬉しい。


※清水寺の本殿は現在改修中っぽいので、ご注意。

今回、望遠鏡から見えたので、最も面白かったのは発掘作業。何掘ってるんだろう。気になる。

人が入ると、急にジオラマっぽくなって楽しい。

そして、五条大橋近くにあった、例の中学の修学旅行で泊まった宿も、京都タワーからしっかり見えた。


記念メダルに思い出を刻もう!!

日本にあるシンボルタワーのお土産といえば、記念メダル。実は、私めこの記念メダルを集めている。子どもの時に集めていたのが、再燃したパターンだ。

記念メダルの裏面に文字を打刻することができるのであるが、これを考えるのも楽しい。

一般的には、名前を入れるらしいが、私めは嵐のコンサートついでに札幌テレビ塔へ行った時には、コンサートのタイトルと日付を入れたりしている。

嵩張らないし、折れ曲がったりしないのが、ちょうどよいのだ。

最近は技術の発達で、金銀2色のもの、カラーのものが出ているが、私め的にはマンホール同様、単色が好き。

高いところへ登ったら、記念メダルいかがだろうか。


ブラックフレームマン
twitter:@
instagram:@blackframeman
tumblr: http://blackframeman.tumblr.com/
東京で玩具の企画をする会社員(2月にADHDだったことが発覚。7月末で退職することに!全力で有休消化中!!!)