ADHDが正座するブログ

ADHDの玩具を企画する人のブログ

「クソ暑いけど、京都の祇園祭の前祭(さきのまつり)へ行った」の回





どーも、 @ です✋🏻✋🏻✋🏻




祇園祭とは?


祇園祭は八坂神社の山車祭り、で、毎年7月1日から7月31まで1ヶ月間、様々の行事が続くのが特徴です。日本三大祭りの1つで、17日(前祭:さきのまつり)、24日(後祭:あとのまつり)の山鉾巡行が有名です。
869年に流行した疫病は、牛頭天王の祟りである言われ、それを鎮めるためにつくられたのが祇園社、現在の八阪神社です。その信仰の中で、日本全国に悪疫を封じ込めるために66本の鉾つくったのが起源だと言われています。
鉾が現在の形状になったのは、桃山時代から江戸期にかけてからだそうです。


前祭(さきのまつり)と後祭(あとのまつり)とは?


一般的に山車祭りで、山車は神社の神輿が通る道を清めるという役割があります。山車が巡行した後に、厳かな雰囲気で神輿渡御が行われるのを見たことがある方も少なくないと思います。
京都の祇園祭の山鉾巡行には、前祭(さきのまつり)と後祭(あとのまつり)があり、それぞれ意味合いが異なります。
前祭では、神輿に乗せた神様を八坂神社から御旅所(神様が休憩・宿泊する場所)へ迎えます。後祭では、神輿に乗せた神様を八坂神社へ返します。
ちなみに「後の祭り」という、時機を逃して手遅れになるという諺は、祇園祭の前祭に比べて地味な後祭が由来とされています。


関東の山車祭とココが違う!?


私めは、大学・大学院と東京都八王子市の山車祭りのデザインに関する研究をしていました。ここで、いくつか祇園祭の山鉾と関東の山車の違いを紹介します。

京都は舶来品が多かったこともあり、山や鉾の側面を飾る胴懸や前懸といった織物の絵柄に特徴がありました。洋画風であったり、中東風であったり、関東の山車祭りでは中々見ることができません。

お囃子も関東のものとは違います、リズムはゆったりしていて、いわゆる「はんなり」という言葉が合っていました。囃子手が並んでいて、鉦を叩くたびに腕から垂れ下がった紐が上下に動くのが、高さのあるからできる演出だと思いました。思いついた人、天才!


鉾を触ることができる!!


山鉾の中の構造を知りたいという方は、八坂神社近くの漢字ミュージアムへ行くとよいです。入場無料のエリアに構造が分かる鉾が展示してあるので、隅々まで思う存分見る事ができます。触ることもできるので、これは山車好きには、たまらない施設です。


明日の後祭、

そうだ、京都 行こう

のノリで行ってみてるよもよいかも。

クソ暑いけど!!



ブラックフレームマン
twitter:@
instagram:@blackframeman
tumblr: http://blackframeman.tumblr.com/
東京で玩具の企画をする会社員(2月にADHDだったことが発覚。7月末で退職。絶賛有休消化中!!!)