正座するブログ

ADHDと診断された元おもちゃ企画開発者がいろんな場所で正座するのです。ほぼ記憶の記録用。

「近所(北新宿)にきったねぇ何でも屋があることに気づいた。」の回





どーも、 @ です✋🏻✋🏻✋🏻






先日、ポケモンGOをやりながら、北新宿を歩いていたら、見慣れないお店があった。

かれこれ4年ほど北新宿に住んでいるのですが、こんなお店を見たこともないし、明らかに新しくできた感じではない。

まるで、ハリーポッターで家と家の間に、実は隠し家があり、それを見つけてしまったような不思議な感覚だ。今まで何故気付かなかったのか。

これは実にあやしい。

一見さんお断りのお店だったら嫌だなと思いつつ、様子を伺っていると、店先に貼り紙があった。お店独自のルールとか書いてあったら嫌だなぁ。。。

ああああああ!!!
(まさにスマホで写真を撮ろうとしている)

恐る恐るお店へ入ってみると、統一感のない大量のものが雑然と置かれている。店内は薄暗くて埃っぽく、陳列という言葉は、どこかへ行き、一昔前の男子学生の一人暮らしのような散らかり具合だ。そして、誰もいない。

でも、何かに見られているような気がする。

「すみませーん」と声をかけると、右側の商品の陰から、ババアが「いるよ」と出てくるなり、

「何が欲しいんだい?言わないと絶対に探せないよ」

ちょっと怖い。

別に買いたい目的はなく、開いてるの見たことないから入ってきたことを説明すると、ぶっきらぼうに対応してくれた。

話によると、このお店は20年くらい前からやっていて、今は極稀にしか開けないようだ。

知る人ぞ知るというか誰も知らないお店だ。

知り合いから注文があると、店を開けて商品を「捜す」らしい。

ババア曰く、「最近は本当にたまにしか開けないから、あんたはラッキーだ。」とのこと。


わーい(°∪°)!


ふと、このババアはモノの場所は記憶してきるのか気になったので、試しに「ゼンマイで歩く玩具はないか」と尋ねてみた。すると、

「あー、前に(店を)開けろ開けろってうるさい客がいてね。全部持って行ったよ。マニアがいるんだよね、世の中には。ったく」

ごめんなさい。

少なからずや、このババアは記憶は確かな人ということが分かった。

今度、じっくり話してみたいなー。

結局、トイストーリーのリトルグリーンメンのノコノコ(ゼンマイ式ではなく坂道へ置くと歩き出す玩具)を買った。




ブラックフレームマン
twitter:@
instagram:@blackframeman
tumblr: http://blackframeman.tumblr.com/
東京で玩具の企画をする会社員(2月にADHDだったことが発覚。7月末で退職!絶賛有休消化中!)