正座するブログ

ADHDと診断された元おもちゃ企画開発者がいろんな場所で正座するのです。ほぼ記憶の記録用。

「検察側の罪人の舞台挨拶の中継を映画館へ観に行った」の回

二宮和也、木村拓哉の“貯金額”に直撃「俺、管理しますよ!」 | ORICON NEWS
https://www.oricon.co.jp/news/2118774/full/





どーも、 @ です✋🏻✋🏻✋🏻

1.映画『検察側の罪人』を観てきた

一昨日、TOHOシネマズ新宿で『検察側の罪人』15:40からの回を観た。
理由は、日比谷で行われている木村さんと二宮さんの舞台挨拶が劇場中継されるからだ。公開初日で観たかったのであるが、地元に帰っていて身動きがとれなかった。そして、今回の舞台挨拶の劇場中継を知り、行くことにした。二宮さんの映画は、落ち着いて観たいので、プレミアムシート。うちわを持って行きたかったが、天気が良くなかったので、やめた。
木村さん主演かつ平日ということもあり、客層は嵐のコンサートより年齢がやや高め。もちろん男性比率は10パーセントもない。札幌ドームへ行くシャトルバスの中と同じくらい。


2.映画が始まる前の予習は必要

映画に関しては、二宮さんも木村さんとのトークの中で言っていましたが、内容が難しいので、裁判や太平洋戦争に関する最低限の知識は持っていた方がよい。学生は社会の教科書の該当部分を読んでから、観に行くのオススメ。私めは、「インパール作戦」が、あまり分からなかった。相葉さん主演の映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』を観に行く気持ちで行くと、頭がやられるので注意。感想が「あのシーンカッコよかった!」だけで終わるのは残念すぎる。

検察?検事?裁判?という方は、検察庁のチャイルドページに目を通しておくのおススメ。

検察庁 チャイルドページ
http://www.kensatsu.go.jp/child/category_000006.html

インパール作戦については、NHKのサイトを
NスペPlus 無謀と言われたインパール作戦 戦慄の記録 - 太平洋戦争史上、最も無謀と言われたインパール作戦はなぜ決行されたのか? その真相に迫る!
https://www.nhk.or.jp/special/plus/articles/20170922/index.html


3.みんなまだ劇場中継に慣れていない

以前、タイタンシネマライブへ行ったこたがあるので、劇場中継というのは2回目。しかしながら、みんなあまり慣れていないのだろうか、2人が出て来ても拍手すら起きない。明らかに観客がリアクションをするタイミングを失っていた。キャーって叫んだの愚私めくらい。日本人は、もう少し映画を観るときにリアクションを大きくした方が、もっと楽しめると思う。そのためにも、舞台中継の前に、野暮ではあるが「リアクションOK」「応援OK」のようなアナウンスがあってもよいのではないだろうか。
実際に、中継先で騒いだところで、2人が話しづらくなるわけではないし、もっと没入感が増すはず。それこそ、うちわを持ってワーキャーしてもいいくらいだ。


4.先輩に気を使う二宮さんは見たくない!

冒頭の記事にも書かれていたが、「互いに聞きたいことはありますか?」という質問で、貯金額を聞くあたりは二宮さんらしいなと。しかしながら、事務所の大先輩である木村さんに気を使っているなと感じる部分もあった。今まで先輩後輩の立場で話す二宮さんをあまり見たことがないから余計に感じるのかもしれない。少しいつもと違うなと。むしろ、先日の『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』(NHK)で落合陽一さんと対談している時の方が、イキイキしていておもしろかったと思う。二宮さんが先輩に気を使っている姿は、あまり見たくないのだ。


5.最後に

映画自体は、原作があるので難しいけど、おもしろかった。あと二宮さんはベッドシーンは向かない笑。終盤にエスカレーターを駆け下りるシーンがあるのだけれど、シェアハウスのすぐそこのビルだった。こんな近くで二宮さんが撮影していたなんて!!完全にジャニヲタ目線なのであるが、舞台挨拶中継というのは、どんどん増やして欲しいと思った。ひいては、コンサート中継とかBlu-ray上映とかやってほしい。




ブラックフレームマン
twitter:@
instagram:@blackframeman
tumblr: http://blackframeman.tumblr.com/
元おもちゃ開発者。ナノブロックやパーティーゲーム、ボードゲームを担当。現在、じっくり就活中!!シェアハウスを運営してる。発達障害(ADHD)らしい。