正座するブログ

ADHDと診断された元おもちゃ企画開発者がいろんな場所で正座するのです。ほぼ記憶の記録用。

「来年からスペイン坂で軽トラをぶん投げる祭りをやればいいぢゃん!!」の回





どーも、 @blackframeman です✋🏻✋🏻✋🏻




はじめに

昨日(10/31)に007のQの仮装をして渋谷へ行った。
退職につき就職活動中で時間が有り余っていて、33歳の無職のおじさんは、巷で言う「暴徒化する若者」になってみたかったのだ。
その時に思ったのは、来年から渋谷区はハロウィンの日にスペイン坂で軽トラをぶん投げる祭りを開催すればいいということ。
ちなみに、私めのハロウィン観は、

  • 子どもの頃、沖縄の米軍基地のハロウィンを経験している
  • 日本のハロウィンは、ハリボテっぽいと思っている
  • 平日でも10/31にやろうよ!と思っている


という感じだ。


もくじ

1. テレビで言うほど、騒いでなかった


自宅のある北新宿から渋谷へ着いたのは、18:40頃。山手線のホームはそこまで混んでおらず、ハチ公改札口を出たところが混んでいた。しかしながら、身動きが取れないというほどではなく、移動することはできた。スクランブル交差点へ着くと急に身動きが取れなくなった。信号待ちをしているから当然である。身動きの乗れなさで言うと、神田祭の神田明神の方が凄い。
交差点中で警察官が「警視庁」と書かれた黄色いテープを張って、渡る方向を制御していた。交差点の隅には、外国人観光客、テレビ制作会社のクルーが縮こまるように立ちカメラを回していた。
1度目の信号では渡りきれそうになかったので、最前列で信号待ちをすることにした。
駅へ向かう人やサラリーマンに、舌打ちをされたり、罵られた。そりゃ、ハロウィン関係ない人からしたら迷惑だろうなと思ったが、こうなることは事前に分かっているはずなので、回避は可能だったはずだ。個人的には、血糊が自分の服に付いたら嫌だなと思ったくらい。「フリーハグ」をやっている若者が至る所にいて、自分が学部生の頃より、若者が積極的になったんだなと感じた。
スクランブル交差点周辺は、割と流れが作られていて、テレビで言われているほど、騒いでいる様子はなかった。


2. 街でターゲットを探すゲームに参加


私めが渋谷へ来た理由は、冒頭で述べたことの他にも若手芸人が主催するのゲームに参加するという目的があったからだ。「モンツキはかま」というコンビが主催で、ハロウィンの渋谷で仮装したターゲットを探すというシンプルなゲームだ。しかも、最初に見つけた人に賞金3万円が出るという。なぜ、参加する気なったかというと、賞金に目が眩んだからだ。だってこの芸人さん、私めよりフォロワーが少ないのだ。これは、かなり賞金を手にする確率が高いと思ったからだ。無職なので、すぐお金に目が眩むというのが最近の悩みだ。
ハチ公横の緑の電車の前で、エントリを済ませ、決められたエリア内を確認すべくポケモンGOをしながら歩いていた。今回のターゲットはジャンプ漫画『トリコ』の仮装をした人を探せば勝ちということだ。とりあえず、道玄坂方面へ向かった。


3. あの有名な特殊車両が道玄坂に!!


ゲームのエリアの端っこを確認するために道玄坂へ方面へ向かっていると、ザワザワと人だかり。なんか著名人でもいるのかと思っていたら、男子大学生風の2人組「あそこに違いない!のぼりも出てる!」と目を輝かせながら走って行った。そんなに楽しいものがあるのかと、覗いてみたところ。何と、あの有名な特殊車両があるではないか!!

_人人人人人人人人人人人_
> マジックミラー号! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

何が仮装してる人もいるのなと思ったら、いた。

マジックミラーマン!!

これは帰宅してから知ったのであるが、ソフトオンデマンド(SOD)は、「萌えるゴミ・萌えないゴミ・ビンカンゴミ箱」を設置し、「ゴム袋(コンドーム型ゴミ袋)」を無料配布。さらに、ゴミを掴むとゴミの"大きさ"に対してセクシーな音声が流れる「おっぴろげトング」なるものを披露していたようだ。
「SODが渋谷ハロウィン見参 おっぴろげトングなど三種の神器も」(2018.10.31 17:53,おんだゆうた)

これが今回、ある意味一番面白かったイベントかもしれない。


4. 3万円を取り逃がした!

マジックミラー号を見て、道玄坂のホテル街に迷い込んだ私め。大通りから離れて、薄暗くなって来て不安になっていたところ、目の前に大きなテディベアを乗せた車が、狭い路地の行き止まりで立往生していた。どうやら彼らは、渋谷の者ではないようだ。地方からやって来たのだろうか。
そんなことを思いながら、来た道を戻り坂を下ると、いたよ。
トリコが!!3万円が!
思わずツイートをしたところ、見失ってしまった。3万円がぁ。。。
その後、トリコと遭遇することはなく、ゲームは終了した。
それと同時に私め、お腹が緩くなり神泉駅から新宿へ帰った。



5. テレビが煽るから世間と社会が断絶する

こんな感じで、渋谷で仮装している人も大半は目的があるはずだ。テレビでは、仮装した若者があてもなく歩いているという言い方をしていたが、本当に裏付けがあるのだろうか。さらに、昨日のお昼の情報番組で、横澤夏子が「この日だけなのに渋谷のイメージが悪くなる。テレビでこんだけ、暇な人たちと蔑んでいるのに、何でバカにされているのが分からないのかな?」という趣旨のことを言っていた。さはに続いて薬丸裕英が「フランスでは催涙弾とかバンバン使ってますよ」と言っていた。これは明らかに、テレビが煽って、仮装をして渋谷に出かける人の印象を意図的に悪くしている。
おそらく、22:00以降が若者の盛り上がりのピークだったのではないかと思う。仕事が終わり、関東近郊から渋谷へ向かうと、この時間帯に人が最も集まる。実際、神泉駅へ向かう時に、渋谷方面へ向かう仮装した人と多くすれ違った。あの中には、若者だけではなく、会社帰りのサラリーマンもいたはずだ。もし、会社や学校、自分が生活する街で、ハロウィンの日は仮装してもよいとなっていれば、わざわざ渋谷へ行く必要はないのだ。渋谷へ行くのは、渋谷でイベントがある人だけになるだろう。
世間で必要以上に締め付けられると、その人たちは世間の外へ出て、自分たちの世間の場所を別の場所に作らざる得ない。それが、たまたま渋谷だったのだ。社会が見えないまま、車の上に乗って騒いだりするのだ。マナーやモラル云々より、彼らの受け皿が無いのが問題なのだ。

まとめ


今回の渋谷のハロウィン、テレビが煽っている感が凄く強く感じられた。
私めは軽トラをひっくり返すシーンから、神輿を坂からぶん投げる祭りを起草した。
来年から渋谷区はハロウィンの日に、スペイン坂で、軽トラ(危ないからハリボテ)をぶん投げる祭りを開催すれば、若者もおとしろがってくれるのではないだろうか。それを100年くらい続ければ、ハロウィンをも凌ぐ伝統文化が形成されるだろう。


ブラックフレームマン
twitter:twitter:@blackframeman
instagram:@blackframeman
tumblr: http://blackframeman.tumblr.com/
元おもちゃ開発者。ナノブロックやパーティーゲーム、ボードゲームを担当。2月に発達障害(ADHD)の診断を受け退職。現在じっくりと就職活動中!祭礼文化、メディア論が専門分野。