正座するブログ

ADHDと診断された元おもちゃ企画開発者がいろんな場所で正座するのです。ほぼ記憶の記録用。

「『ムンク展ー共鳴する魂の叫び』へ行ってきたぞ!!」の回






どーも、 @blackframeman です✋🏻✋🏻✋🏻




はじめに


昨日の昼間に雨が降る中、上野の東京都美術館で開催されている『ムンク展ー共鳴する魂の叫び』へ行きました。ムンクの作品は『叫び』しか知らないので、行こうと思いました。なんか前にも見たような気がするけれど、どの『叫び』を観たのかは憶えていないです。
全然関係ないけど、雨の日は右側のエレベータから入り口へ向かうと濡れる時間が短くて済みます。長蛇の列ができてる場合は、階段に並ぶ必要があると思いますが。



もくじ

1. みどころは3つ!


今回の展覧会のみどころは、

  • オスロ市立ムンク美術館所蔵のテンペラ・油彩画の『叫び』が初来日
  • ムンクの作品がたくさん見られる
  • ムンクの生涯がわかる

という点。

一番の見せ場である『叫び』の前では、立ち止まることは許されず、係員に少しずつ歩くように促されます。立ち止まってゆっくり鑑賞したい方は、ポールの後ろから見ることができます。平日で少し人だかりができていたので、休日は大変な混雑が予想されるので、ご注意ください。

薄暗い中に浮かぶ『叫び』は近くからでも、少し離れたところからも見たくなります。死を連想させる不吉が妙に落ち着くというか、吸い込まれるというか。不思議な気持ちになりました。



2. 『叫び』以外の作品も凄い!


愚私め、恥ずかしながらムンクの作品は『叫び』しか知らなかったです。『マドンナ』『接吻』『吸血鬼』など、同じモチーフを抽象度や色や技法を変えて複数描いているというのを初めて知りました。
その中でも興味深かったのは、水面に映る月柱がやたら作品に出てくること。一種の執着のようなものが感じられました。
私めの中で、もはやムンクは「月柱の人」になりました。
『叫び』以外のムンクの作品をたくさん観られるというのも今回の展覧会のみどころの1つです。


3. やすらかなムンク


さらに、今回の展覧会ではムンクの生涯にもスポットをあてていました。
孤独であることが画家としての成功に繋がると考えていたムンクは、最後まで独身を貫き通したそうです。一番最後に飾ってあった『自画像、時計とベッドの間』という作品は、今までの作品とは異なり、素朴で素直な感じがしました。常に死を意識していたムンクが、歳をとって、やすらかになっていくのだけれど、やはり少し寂しげな感じがよかったです。
私めもやたらと、正座している写真を撮っていますが、最期はやすらかで少し影のある正座写真を遺影にできたらいいなと思いました。


4. 音声ガイドはイケボ!!


私めは、展覧会で必ず「音声ガイド」を聴くようにしています。なぜかと言いますと、会場でパネルの文字を読むために立ち止まるのが面倒だからです。
今回ナレーションを担当するのは、声優の福山潤さん。
どこかで聞いたことある声だと思ったら、ルルーシュでした!殺せんせーでした!イケボ(イケメンボイス)です!(こんな顔だったのかー)
「さけびクン」というキャラクタの設定がありますが、よくわかんないです笑。
収録時間約35分、税込価格550円です。
音声ガイドで流れているBGMや音楽が収録さらているCD↓


5. コラボが多すぎる!!


物販は『叫び』が特徴的すぎて、見ているだけでも楽しいです。ビームスとコラボしたTシャツ(4500円)や、湖池屋のカラムーチョとコラボした「ムーチョの叫び」(880円)などがありました。ポケモンとコラボした商品は人気で、売り切れており、入荷未定でした。
他にも、朝日新聞の号外や若手アーティストとムンクがコラボした『ニュウ・ムンク展』のフライヤーなどがありました。

_人人人人人人人人人人人人人人_
> みんな、ムンク好きすぎ! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄


6. 展覧会概要

会期: 2018年10月27日(土)-2019年1月20日(日)
会場: 東京都美術館 企画展示室
時間: 9:30-17:30(入室17:00まで)
その他詳細は、美術館のサイトをご覧ください。

※企画展示室を出てエスカレータを降りたところ(冒頭の正座写真)に撮影スポットがありますが並ぶので、企画展示室入り口左側の壁で撮影するのがオススメです。


まとめ

『ムンク展ー共鳴する魂の叫び』は、

  • 初来日の『叫び』がある
  • 『叫び』以外の作品がたくさんある
  • ムンクの生涯がわかる
  • 音声ガイドがイケボ
  • コラボが多すぎ

最終日が近づくと、土日は混雑するので、今のうちに行っておくのがオススメです!!

ブラックフレームマン
twitter:twitter:@blackframeman
instagram:@blackframeman
tumblr: http://blackframeman.tumblr.com/
元おもちゃ開発者。ナノブロックやパーティーゲーム、ボードゲームを担当。2月に発達障害(ADHD)の診断を受け退職。現在じっくりと就職活動中!