正座するブログ

ADHDと診断された元おもちゃ企画開発者がいろんな場所で正座するのです。ほぼ記憶の記録用。

「中国厦門(アモイ)へ行ったぞ。1日目-到着編-」の回






どーも、 @seizamaster です✋🏻✋🏻✋🏻




はじめに

学生時代に所属していた研究室の先生に誘われて、中国の厦門で開かれる学会へ着いて行くことになった。この学会は、私めも院生の時分、参加したことがある。今回は研究室の後輩が1名参加する。移動は先生と奥さんと、後輩と私めの4人。今日は、その1日目だ。


もくじ

1. 27Jと57B


久々の成田空港。前回利用したのは、前職の香港・中国(深圳)出張のときだった。
後輩が初めての海外ということで、チケットの受取、荷物の預け方、両替など色々教えた。もちろん、私めは先輩風を吹かしつつ。

私め「搭乗口って27だっけ?」
後輩「え?念のため確認します。あ、そうです。大丈夫っす。」

27搭乗口

私め「あれ?香港行き?」
後輩「?」
私め「ハッ!?これ座席番号!?やべぇ!」

猛ダッシュで正しい搭乗口へ。
先輩風は隙間風のようだ。


2. カメラを止めるな!


機内で映画を観た。実は、まだ『カメラを止めるな!』を観ていなくて厦門へ行く前に新宿で映画を観ておくかと思っていたところ、先生から機内で観られることを教えてもらったので観ることにした。
序盤のカメラが動き回るシーンあたりで、ちょうど空の気流が乱れ、機体が揺れに揺れ、気分が悪くなった。しかも、恐ろしいことに斜め前の人が少し早めに観ているのがチラ見して、常にネタバレの状態が発生した。さすがにそれは嫌なので、少し時間をおいて観ることにした。
この映画は、観てき気になったところ、不思議に思ったところ、なんか嫌だなと思ったところが全て伏線で回収されるよくできた脚本だと感じた。さらに、あったらいいのにと思ったものまで用意されているときたもんだ。
ここ数日、学校で脚本の勉強を少ししているのだけれど、あんだけのものを書くのにどれくらいの労力が必要なのだろうか。やはり、映画や映像は凄いと思った。私めもまた、映像を再開したので、カメラは止めない。


3. 土楼の宿


今夜の宿は福建省の土楼に泊まれるという。観光地ではあるものの厦門から3時間ほど、車で移動し、山の中へ入っていく。土楼は世界遺産に登録されており、宿は保護区内にあるので、入るのにお金がかかる。保護区へ入った時には日が暮れていたので、土楼の見学は明日になるようだ。明日が楽しみ!
宿では私めらのすぐ横で普通に生活しているのがおもしろい。子どもが普通に遊んでいたり、洗濯物が普通に干してあるのだ。生活感も体験できる宿は貴重だ。

4. 宿の料理がうまい!






中国観光の楽しみは料理。
飯がうまい!!宿で夕食。
ビーフンと炒飯がくそうめぇ。
土楼ビールは、リンゴジュースのような味で飲みやすかった。
食後のお茶も香りがよくて癒された。
これは明日の朝食も期待大。


5. 夜の散歩


食後、ほとんど電気がついていない中、宿の周りを散歩した。
途中で学校と思われる場所があり、婦人らが何やら踊っていたので、先生の奥さんと私めは勝手に乱入して踊ってみた。楽しかった。明日、怒られないといいな。


さいごに

今年の1月以来の中国。仕事ではない中国は楽しい。
厦門は初めてなので、テンションが上がる。
明日も楽しもう!


正座マスター
twitter:@seizamaster
instagram:@seizamaster
tumblr: http://blackframeman.tumblr.com/
元おもちゃ企画開発職。ナノブロックやパーティーゲーム、ボードゲームを担当。2月に発達障害(ADHD)の診断を受け凹んで退職。現在じわじわと就職活中!