正座するブログ

ADHDと診断された元おもちゃ企画開発者がいろんな場所で正座するのです。ほぼ記憶の記録用。

「中国厦門(アモイ)へ行ったぞ。6日目-最終日編-」の回



(※70dB=走行中の自動車内、騒々しい事務所の中、セミの鳴き声





どーも、 @seizamaster です✋🏻✋🏻✋🏻




はじめに

学生時代の所属研究室の国際学会の発表について来ている中国厦門。6日目最終日。
中国の朝といえば、公園。もはや中国旅行の定番となっているのではないだろうか。ホテル近くの中山公園へ行ってみた。そこで私めが見たものとは!?

もくじ

1. 中国の各地にある「中山公園」とは?


Wikipediaによると、

中山公園(ちゅうざんこうえん、簡: 中山公园)は近代中国の政治家・孫文を記念して名付けられた公園で、中国、台湾、その他の国・地域にあるもの。孫文の号が中山であり、彼は死後尊敬を込めて「孫中山」と呼ばれているためにこの名称ができている。

とのこと。だから、上海とか香港にもあったのか。さらに、カナダにも中山庭園というのがあるみたい。孫文すげー。


2. 公園に入る前から既にヤバイ!


爆睡中の後輩をホテルに置いて、朝の中山公園へ。門の前に玩具を売っているおじさんがいた。マッチョなキティやピカチュウが太鼓を叩く人形、よく見たらアングリーバードまで!!

_人人人人人人人人人人人人_
> 腕があるのかよッ!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

そして、この太鼓の音のものが悲しさ。公園に入る前から既にヤバイ。


3. 緑の人たち行列がヤバイ!!


門をくぐり中に入った瞬間に目に入ったのが緑色の服を着た早歩きの集団が列になって、こっちへやって来た!!ヤバイ!


何なのこの集団!笑
と思っていたら、


4. 真顔でダンスがヤバイ!


公園内を歩くと、いたるところでアップテンポな曲から、緩やかな曲まで様々のダンスの曲が聞こえてくる。おじさんもおばさんも真顔なのがヤバイ。


ふと気がつくと先生の奥さんが、知らないおじいさんと社交ダンスのようなものに混じっていた。コミュニケーション能力がヤバイ!

ダンスの中でも最も興味深かったのは、テニスのラケットのようなものを使ったもの。ラケットから球を落とさないように踊るものらしい。ネットは緩めで弾力があるようだ。
こちらもみんな割と真顔でやっていて、20年くらい前に日本で流行ったハイパーヨーヨーの名人を思い出した。
孫文の像前でやっているあたり、彼女たちがこの公園での一大勢力なのかもしれない。
こんだけやれば、みんな元気になるよなぁー。


5. 太鼓の練習がガチでヤバイ!


ダンスを眺めていると、どこからともなく太鼓の音が響いてきた。何なのかと思って、見に行くと門の方で、太鼓の練習をしている集団がいた。割とガチめのやつで、真顔具合が他の人たちとは違っていた。だって、



指導者のおっさんのテンションが高め!

そこで、気が付いてしまった。


_人人人人人人人人人人人人人人人人_
> だから太鼓の人形だったのか! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄


まとめ

旅行や出張で中国へ行くと、必ず行くのが朝の公園。日本では見られない人々の生活が容易に見られるのが魅力。毎回やるのであるが、ダンスや太極拳に一緒に混じってみるのが楽しい。ぜひ、みんなやってみて!




正座マスター
twitter:@seizamaster
instagram:@seizamaster
tumblr: http://blackframeman.tumblr.com/
元おもちゃ企画開発職。ナノブロックやパーティーゲーム、ボードゲームを担当。2月に発達障害(ADHD)の診断を受け凹んで退職。現在じわじわと就職活動中!