正座するブログ

ADHDと診断された元おもちゃ企画開発者がいろんな場所で正座するのです。ほぼ記憶の記録用。

「アリーナ席よりアリーナ席!はじめて歌舞伎を観たぞ!」の回






どーも、 @seizamaster です✋🏻✋🏻✋🏻




はじめに

出身研究室の先生のチケットが余ったそうで、奥様に誘われて初めて歌舞伎を観に行った。はじめての歌舞伎だったのでテンションが上がった!!
社会復帰したら自分のお金で歌舞伎を観に行けるようにやりたいと思った。


もくじ

1. 昼の部は学生が多かった!


曇天の中、11:00からの昼の部を観に歌舞伎座へ。正面入口は賑わっていて活気付いていた。
今日は学生服の修学旅行生が多いようで、正面入口には、蟻のような行列ができていた。この中に歌舞伎を観るのをワクワクしている生徒は、どのくらいいるのだろうか。


2. 美術館級の展示物がすごい!


正面入口から入ると、エントランスの鳳凰の絨毯が目に入った。漆喰の色と臙脂色の組合せが、落ち着いた大人の雰囲気を醸し出していた。

幕と幕の合間の休憩時間(幕間という)に歌舞伎座の中を回ったのだが、美術館や博物館にあるような日本画が普通に飾ってあるのとに驚いた。

さらに、祝幕がどんどん変わっていく様は圧巻であった。


3. 花道は役者がメチャ近い!


今回の席は、花道のすぐ横であった。揚幕から出てくる度にシャリン!という音が鳴り、視線を誘導されるので観やすかった。
役者が間近で観られるというのは、双眼鏡必須のジャニヲタ的には新鮮であった。

_人人人人人人人人人人人人人人人人_
> アリーナ席よりアリーナ席!! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

歌舞伎役者を近くで見たのは、艶やかで美しかった。それにしても、若手はみんなキチンと無駄毛の処理をしているなぁ。美しいなぁ。
そして、照明で照らされて輝く顔がめっちゃイケメン!


4. 舞台の奥行きがヌケる!

今月の昼の部は『幸助餅』と『於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)』。どちらも舞台背景の奥行きの演出が凄かった。回舞台が回転するときは、転換にもかかわらずワクワク感が高揚した。回りきるまで演技しているのが抜かりないと感じた。
特に、於染久松色読販の海(湖?)のシーンの空間がヌケる感じに脳を刺激された。
これは窓に描くドット絵の参考にしよう。


5. 幕間のスイーツは最中アイスがおススメ!


歌舞伎は長いので少し疲れてくる。そんな幕間に勧められて食べたのか、最中アイス。和三盆を使っているので甘さ控えめなのが大人だ。1個350円。


まとめ

はじめて行った歌舞伎。舞台演出が洗練されていて、ヌケる奥行きに脳を刺激された。幕間も観るもの食べるものがたくさんあり、飽きることが全くなかった!これは一日中楽しめる!夜の部を自分のお金で行くことを目標にしよう!


正座マスター
twitter:@seizamaster
instagram:@seizamaster
tumblr: http://blackframeman.tumblr.com/
元おもちゃ企画開発職。ナノブロックやパーティーゲーム、ボードゲームを担当。2月に発達障害(ADHD)の診断を受け凹んで退職。現在じわじわと就職活動中!